画面サイズを意識したホームページ


ホームページといえば昔はデスクトップかノートパソコンでの見るのがほとんどでしたが最近ではスマートフォンやタブレットの登場で画面のバリエーションというのが増えました。そういうことからもホームページを作成する上で当然そういった対応をするようになっています。以前なら横長である程度のパソコンのサイズを想定した1パターンのホームページデザインでよかったのですがスマートフォンでは縦型で小さな画面で見ることも多く、またタブレットなどはパソコンでもスマートフォンでもないサイズなのでどちらかにあわすかまた別のサイズ設定でデザインを起こすか迷うところです。サーバーによって表示速度がかわるため注意が必要です。お名前.comレンタルサーバーの口コミ・評判がとてもいいようです。スマートフォンだと小さな画面なので同じサイトでも内容を絞って作りなおす場合もあります。それにマウスで操作してポインターで選択する場合もあればタッチパネルで指で直接画面に触れて操作する場合もあり、いろんな想定を考えてホームページを作る時代になってきています。欲張った内容の多いホームページほどこういった対応が難しいということからも、もともとシンプルで内容を絞ったものの方がより統一感をもったホームページにまとめやすいといえます。

続きを読む

紀文のお節料理をプレゼントしました。


一人暮らししている母へ紀文のお節料理をプレゼントすることにしたんです。丁度、一人用のお節料理があり紀文の蒲鉾など大好きな母なのできっと喜んでくれるだろうと思い、プレゼントしました。紀文のおせちはおせち通販ランキングで上位にあり、栗きんとんも味わいがあり、丁度良い感じの仕上がりになっているのでとても喜んでいました。一人用なのでお重も一重になっていますし、あまりかさばらずに味わうことができたので母は喜んでいましたよ!

味も薄口で上品な仕上がりになっているので高齢者にも喜ばれる出来栄えになっているな〜と実感しました。紀文のお節料理は一人分の量も丁度良い分量になっているので、高齢者の母も喜んでいましたし連続で何日間も同じ料理を食べるのは飽きるので丁度良い塩梅だったと言っていました。色合いもよく、これはとても喜ばれる素敵なプレゼントになったな〜と実感しています。紀文の蒲鉾など数種類入っていますし、バランスよくお正月料理が入っているので美味しく頂けたようです。

かなり喜んでいたのでお節料理をプレゼントしてよかったな〜と実感しています。昆布や煮物などの味付けも上品で食べやすいようですし、味付けが濃くなく丁度よいので紀文の一人用お節料理は人気があるようです

また、かにおせちも人気がありますが、やはりこの時期はかに通販が最盛期にもなります。

北国からの贈り物の評判がよいため、北海道のかにを食べたい方は是非参考にしてみてください。

続きを読む

イオンのおせち通販について2016

イオンはよく家族で買い物へ出かけるので色々とチェックしています。年末になるとお節料理の予約なども始まりますし、パンフレットを持って帰り、色々と吟味してみました。早期予約で割引適用になるのでお得なんです!京都の料亭お節など色々とバリエーションも豊富ですし、子供が好きな中華料理のお節料理などもあり、何種類かあるので子供に主導権を持たせ選んでもらうことにしました。和風のお節料理も良いけど、今年は中華料理が良いとのことで中華お節料理を注文することにしました。子供が好きそうな料理が沢山お節料理に入っていますね。特にエビチリなど人気がありますし、しゅうまい、春巻、小籠包など色々とバリエーションも豊富でかなり気に入りました。老舗中華料理店の料理ということもあり、豊富な食材で食べ応えもあり、かなり満足度も高かったです。いつもと違った中華料理のお節で子供達は大喜びしましたね!色々とお節料理もありますが味わいもあり、エビせんなどもついていますし、本格的な中華料理で美味しい食べ物を十分に味わえましたね。入れ物も中華料理のオードブル形式なのでちょっと冷蔵庫に入れるのは大変でしたが味は抜群によかったです。容器をちょっと考慮してもらえたらよかったかな〜という感じです

続きを読む

ダイエーのおせちの通販

今年ダイエーのおせちの通販を頼んでみました。予定通りお正月に届き、こちらのおせち料理のおかげで素敵なお正月が過ごせました。昨年までは、毎年おせち料理を作るのに大変手間がかかっていましたが、今年は少し楽ができました。ダイエーのおせちは、中身の種類も豊富で見た目は豪華と言ってもいいと思います。丁寧に作られているのがおせちを見た瞬間伝わってきました。味はというと、こちらもとても美味しくて満足でした。家族全員でゆったりとしたお正月を通販のおせちで過ごすのも悪くないなと感じました。来年もダイエーの通販のおせちを頼もうかと話しています。来年は、また別の種類のおせちを楽しみたいです。

続きを読む